男性型脱毛症の原因は遺伝?

男性型脱毛症とは、文字通り成人以降の男性に多くみられる頭髪トラブルのことです。
主に額の生え際や頭頂部などに薄毛、抜毛の症状が見られることが特徴です。
男性型脱毛症の原因は様々です。
一般的な頭髪トラブルの発生原因と同じように、頭皮の健康状態やその人の健康状態、またストレス、食事内容、睡眠時間と言った生活習慣をその一例としては挙げることができます。
そしてそれ以外にも、男性ホルモンと特定酵素の存在もそのひとつとして挙げることができます。
男性ホルモンが毛乳頭細胞にある特定酵素と結びつくと、そこで男性ホルモンは発毛を阻害する物質に変換されてしまうと言うのがその発症メカニズムなのですが、実はこの現象はすべての男性に起こるわけではありません。
毛乳頭細胞の中にある男性ホルモン受容体の感受性が高ければ高いほど、こうした作用が発生してしまう確率が高いと言うことが最近の研究では明らかになっています。
感受性が高いため、より男性ホルモンに対する反応が過敏になり、特定酵素との結びつきが促進されてしまうと言うわけです。
そして更に、毛乳頭細胞の中の男性ホルモン受容体に関しては、遺伝が大きく関わっていると言うことも明らかになっています。
つまり、遺伝的に男性ホルモン受容体の感受性が高い場合には、男性型脱毛症を発症しやすい体質であると言うことができるのです。
男性ホルモン受容体の遺伝子は、自分の父親から受け継ぐものではなく、自分の母方の祖父、祖母から受け継ぐものであると言うことが明らかになっています。
ですから、特に母方の祖父に男性型脱毛症と見られるような症状があった場合には、男性型脱毛症になりやすい体質が自分にも受け継がれているかもしれないと考えることができます。
ただしこれはあくまでも体質的なことですから、それだけで必ずしも男性型脱毛症があらわれると言うわけではありません。

男性型脱毛症に効果のある薬

薄毛になってしまう原因といものが、最近になってだいぶ判明してきました。
ですから、その原因を解決するための薬もできて、多くの医療機関で処方してもらうことができたり、ネットの通販で購入することもできるようになりました。
この男性型脱毛症に効果的な薬としては、フィナステリドという成分を配合した薬ということになります。
こちらの成分は、男性型脱毛症の症状の原因となっている酵素の量を調整することによって、薄毛を改善させるという効果をもたらします。
この酵素というのは、通常男性であれば、だれでもあるものですが、人によっては毛髪への栄養を遮断してしまうという状態になり、結果として薄毛が進行してしまうということになります。
この状態を薬を服用することによって、栄養をしっかりと毛髪に行き届くようにしますから、徐々に髪の毛の成長が促進され、太くて力強い髪の毛に成長していくということになります。
男性型脱毛症の場合は、放っておけば、ますます髪の毛への成長が遮断され、薄毛が進行していってしまいます。
特に頭頂部や前頭部の髪の毛が酵素の影響を受けて、髪の毛が生えたとしても、途中で抜け落ちてしまうというサイクルになってしまいます。
男性型脱毛症に効果のある薬は、現在いろいろな名前で販売されたりしていて、中にはジェネリック医薬品も多数販売されていますから、費用なども様々となっています。
しかし、使用されている成分については、ほぼ共通したものとなっており、比較的安い値段で購入することができます。
副作用についても、それほど重篤なケースは見られないので、安心して服用することができます。
効果の程度については、人によって個人差がありますが、多くの人がその効果を実感しているという声が多いです。

男性型脱毛症になる年齢

男性型脱毛症は、くわしい原因は解明されていないながらも、男性ホルモンが変化してできるDHTとよばれる物質によってひきおこされるといわれている、進行性の脱毛症の一種です。
この男性型脱毛症は、基本的に思春期以降に発症するとされており、早い人ではすでに20歳代の前半ぐらいから、髪の毛の生え際にあたる部分からだんだんと髪の毛が抜け始めて、ちょうどアルファベットのMの字のように薄くなってしまうという症状が特徴です。
しかし、20歳代というのは、脱毛の年齢としてはかなり早い部類ですので、同じ男性型脱毛症のなかでも、特に若年性脱毛症と呼んで区別することにしています。
男性型脱毛症を発症する年齢としてむしろ多いのは、30歳代後半から40歳代といった、いわゆる中年にさしかかるころの年代であるといえます。
この年代になると、仕事などもひととおりこなし、結婚して子育てをするなど、生活面でエネルギッシュに活動するようになりますが、実は男性型脱毛症のリスク要因である男性ホルモンの分泌量も同時に増える年代といえます。
このようなことから、中年以降の男性については、これまで脱毛の症状がまったくなかったからといって油断はできず、適切なケアに努めなければならないのです。
もしも男性型脱毛症の兆候がみられるようになった場合ですが、現在では医薬品の投与によって、脱毛の症状を抑えるとともに、発毛を促進するというのがセオリーになっています。
より具体的には、DHTのはたらきを阻害する効果があるフィナステリドや、頭皮の血行をさかんにして髪の毛のための栄養が適切に送り届けられるようにする効果があるミノキシジルといったものが主に用いられます。

プロペシア
■男性型脱毛症なっても投げやりにならないで治療薬を使いましょう
男性型脱毛症はこれで大丈夫です